30代コラーゲンドリンク

コラーゲンドリンク

  

       豆知識&裏ワザ研究室

 美容ドリンクとサプリで筋力アップとダイエット

筋力トレーニングで筋肉をつければ、基礎代謝の高いカラダをつくれる。

 

 私たち人類のからだは、およそ400にのぼる骨格筋といわれるカラダの柱になるような
筋肉によって支えられてできています。骨格筋のはたらきとしては、姿勢を美しく保つことと、
カラダのエネルギーを正しく消費して基礎代謝をするはたらきがあります。
筋力トレーニングで筋肉をつけることが、からだの高い基礎代謝の機能を維持し、
所謂余分だとされる糖分や脂肪を貯めにくい痩せやすいからだをつくることができるでしょう。

 

 

分岐鎖型アミノ酸(BCAA)のチカラ

 

 からだのタンパク質を合成するスピードを上げて、筋肉のつきやすいからだを作ります。
タンパク質をつくる上で無くてはならないといわれる20種にわたりアミノ酸の中で、
バリンやロイシンそしてイソロイシンはBACCという分類のアミノ酸として扱われています。
このBACCのアミノ酸たちは、スポーツ界では有名でサプリメントや美容ドリンクでも、
からだに良い成分として広く愛されています。
BCAAとはからだにある筋肉の中に存在する大切なアミノ酸で、スポーツや日頃の活動によって
失われるアミノ酸もあります。
 BCAAが筋力を向上するのに効果があるのか調べた実験結果によれば、
実験用のネズミに1時間の運動をさせた後に、BCAAのアミノ酸を含んだ餌を与えたところ、
BCAAの餌を食べたネズミは、食べていないネズミと比較してカラダの筋肉に含まれるたんぱく質が
分解されにくい状態になっていることがわかりました。
この実験によって、筋肉の量はタンパク質の分解と組み合わせるバランスで決まり、
BCAAのアミノ酸類を食品から摂取することで、筋肉のつきやすいからだになると考えられます。

 

 

アルギニンの効力

 

 アルギニンは、成長ホルモンの活性化をうながすチカラがあるといわれています。
アルギニンというアミノ酸は、筋力の向上と密接な関係がある成長ホルモンの活動に重要なアミノ酸です。
アルギニンをとることで成長ホルモンの活動が増加して、およそ1時間30分経過したあたりで活動のピークになります。
成長ホルモンの活動量は30代を境に減っていくと一般的にいわれていますが、
これらの加齢が原因の成長ホルモンの活動量の低下もアルギニンによるチカラによって
サポートできる可能性があるといわれています。
 アルギニンの筋力向上の効果を確認する為のネズミを利用した実験によれば、
ネズミを走らせたりするような軽い運動を行わせた後に、アルギニンを含んだ餌を食べさせました。
その後の調べにより、アルギニンを含んだ餌を食べたネズミの足の筋肉の量が増えていたことがわかりました。
逆にアルギニンのアミノ酸をとっていないネズミの場合はその効果が薄かったのです。
この実験によりスポーツ運動にアミノ酸を取り入れることが良い効果を生むということがわかりました。
アルギニンのアミノ酸を食事や美容ドリンクで摂取することで、エネルギーをつくったり分解したりするからだの機能を
活発にすることで、基礎代謝をあげることにも一定の効果があると考えています。